TOP > 衣類に使われる素材 > ポリエステル

ポリエステル

ポリエステル

ポリエステルは化学繊維の中で最も生産されている素材であり、洋服などによく使われている素材でもあります。天然繊維と比べてシワになりにくく、天然繊維との相性がいいので、コットンやウールに混ぜても風合いを損ねることはありません。

ポリエステルは天然繊維の代わりに使われることも多く、使い方によって全く別の素材のように変化させることもできます。

例えばポリエステルでシルクのような生地を作ると、一見シルクと何も変わらないように見え、高級感があります。ただし、着心地はシルクには劣りますので、そうした点がポリエステルの難点かもしれませんね。

しかしながらポリエステルは実用性に優れている素材ですので、メリットが多いです。汚れにくく、何回洗ってもシワになりません。デニムよりも優れています。ですから、ポリエステルを使用して作られた洋服は長く着ることができ、何度洗っても大丈夫なほど耐久性があるので、安心して着ることができるのです。

生地の厚さなども調節できるため、夏や冬に適している洋服を作ることができます。

ナイロンほど丈夫ではありませんが、ナイロンの次に丈夫と言われているので、夏や冬なども気にせずに洋服を着られるのは素晴らしいですよね。

さらに最近のポリエステルの中には水分を吸収するものも出てきているので、ポリエステルにプリントすることもでき、デザインの幅も広がりつつあります。

アレルギー問題や環境問題もあるので化学繊維を好まない方もいますが、現時点で最も優れた化学繊維といっても過言ではありません。

inserted by FC2 system